上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
少しずつ「つわり」というものが出てきました泣き顔
胸のムカツキ、口の中の不快感、頭痛など・・・時々は嘔吐もしたり・・・くすん
でもまだ軽い方だと思います。食事はちゃんとできてるし。

さて、「つわり」もなかなかつらいものですが、目下の悩みは「産院選び」ぐす。
助産院も考えました。でも、助産院は妊婦の経過も良くないといけないので、
高齢初産でもあるので何が起こるかわからないのでやめました。

では病院で。
病院もNICUのある大きな大学病院も考えましたが、通院の距離・待ち時間などを
考えてやめました。
最終的には、やはり個人病院か。
現在通っている個人病院(S病院とします)は、子供を望み始めて、婦人科受診で
通っていました。
妊娠が判明してしばらくしてからは、産科へと科が替わりました。
もう一つの候補は、家の近くの個人病院(H病院とします)です。歩いても10分強。
車なら5分弱の距離にあります。
H病院も大変気になったので、S病院に通院している事を伝えた上で、H病院で一度
診察を受けてみました。
その結果、S病院とH病院にはそれぞれメリット・デメリットがあることが解りましたびっくり
  
        ~S病院~                    ~H病院~ 
  メ  ・施設がすごくきれい(2005年開院)     ・場所が近い
  リ  ・今まで通っていたので通いなれている   ・料金が若干安い
  ッ  ・病院なのにサロンっぽい           ・先生が親しみやすい
  ト   ・先生が若い(なんか安心)              

  デ
  メ   ・場所が遠い(車・電車ともに30分くらい)  ・施設が少し古い(2003年開院)
  リ   ・先生が親しみにくい              ・なんか病院っぽい(あたりまえか)
  ッ   ・料金が高い(基本料金53万円・全個室)  ・先生が高齢(なんか不安)
  ト
  
簡単にまとめるとこんな感じ。

結局、H病院で出産することに決めたのです。

で、決め手となったのは、
 ・先生の印象
 ・距離 
で決めました。

S病院は、ほんっとに施設がきれいで、距離的にも許容範囲ではあったのですが、
先生が・・・
特に初産ですので、いろいろ聞きやすくて、不安を解消してくれる先生が良かった
ので、H病院に決めました。でもS病院も未練タラタラナミダ
アタクシに、もしも2回目の出産があった場合は、一度経験してるのでS病院を選択
するでしょうね。


2009/04/26(日) 19:05 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


プロフィール

おたまきっちん

Author:おたまきっちん
産まれも育ちも大阪の根っからの関西人。
2006年(H18年)12月に結婚。
2009年(H21年)8月に長男;ハッサク(ブログネーム)を、2011年(H23年)5月に次男:シエル(ブログネーム)を出産。
現在は奈良県在住のOL&妻。
around40世代。
喜怒哀楽が激しく、なんでもやりたがりな性格で趣味多数。
時々ボランティアにも参加したりして。

CalendArchive
ブログ内検索
検索したいキーワードを入力して、「検索」をクリック!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。