上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
大仕事の前に朝食を食べ、先生に診察してもらい、子宮口をグリグリ手で広げられて4cm開。


主人が到着し、ここからはアタクシの陣痛待ち。
アタクシ、ひたすら横になってテレビを見ながら陣痛を待つ。
主人も待つ。
2人で待つ。
ずっと待つ。
待つ。
待つ。
待つ。
待つ。


だけど、来な~い

来ても「イテテテテテ」程度で、すぐおさまるモノばかり。
あの、世にも恐ろしいホンモノの陣痛は全く来ない。

来ないと言うよりは、来てたけど消えたって感じ。
夜中は、何度もナースコールを押そうと思うような痛みがあったのに、朝になり
朝食を食べた頃から痛みが消えてしまった・・・

そして、昼食を食べ・・・・さらには夕食もがっつり食べ・・・・・
ひたすら待ち続けておりました
主人には一度帰ってもらい、ハッサクを寝かしつけてから(今夜から主人の実家での
暮らしスタート)出直してもらいました。

結果的に、主人は会社に行けたではないかー

そして22時を過ぎた頃から、ホンモノと思われる陣痛がおいでになったのです
痛みが来るとメモを取り、時計を見、呼吸を整えて痛みが去るのを待つ。
それの繰り返し。

痛みがおいでになってからは今思えば早かったです

1時間もしないうちに5分間隔になって、ナースコール

そのまま処刑台分娩台へ、レッツゴー

そして数回イキんで、少しお腹押されたかと思えば、お~めで~とさ~ん

大まかに言えばこんな感じ。たった3行。たった40分の出来事。

しかしこの3行の中には、小説1冊分ぐらいのドラマがあるのじゃ~。
ほんとにあるのじゃ~

とにかくアタクシは、出産後疲労困憊。
怖い怖い出産が終わった安堵感と緊張の糸が切れたのとで、血まみれのシエルを胸に置かれても
抱きしめることもできず、ただ涙が溢れる溢れる
グッタリし過ぎて、スタッフさんの問いかけにも答えられず、
「お母さん大丈夫?しっかりして。声も出ないの」と若干切れ気味に言われる始末。

心の中で「こっちはしんどいんじゃ~い!ちょっと待ったれや~」と言い返しておきました。

きれいに洗われてアタクシの横に連れて来られたシエル・・・
ハッサクにそっくりでした


怒涛の520、こんな日でありました。
ハイ、高齢育児のはじまりはじまり~
スポンサーサイト

2011/07/06(水) 13:22 | コメント:0 | トラックバック:0 |
プロフィール

おたまきっちん

Author:おたまきっちん
産まれも育ちも大阪の根っからの関西人。
2006年(H18年)12月に結婚。
2009年(H21年)8月に長男;ハッサク(ブログネーム)を、2011年(H23年)5月に次男:シエル(ブログネーム)を出産。
現在は奈良県在住のOL&妻。
around40世代。
喜怒哀楽が激しく、なんでもやりたがりな性格で趣味多数。
時々ボランティアにも参加したりして。

CalendArchive
ブログ内検索
検索したいキーワードを入力して、「検索」をクリック!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。