上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
7月7日、七夕。
天気は悪く、天の川は見れそうにありません

数日前、ハッサクが保育園から七夕の短冊を持って帰ってきました。
先生から「お願い事を書いて持ってきてください。」との事

親目線のお願いにするか、ハッサク目線のお願いにするか・・・
親目線なら「いつも元気でいられますように・・・」とか

ハッサク目線ならなんだろ
ハッサクがしゃべれれば一番良いのですがまだ無理・・・
そこでアタクシが、今いちばんハッサクが願ってるのではないかなと思う事を書いてみました





ハッサク、ものスゴク、パンが好きなんです。
スーパーのパン売り場なんて行ったモンなら

「ぱーーーーーんっ」 と、大絶叫

ハッサクのお願い、かなえてあげましょうか。

2011/07/07(木) 13:06 | コメント:0 | トラックバック:0 |
大仕事の前に朝食を食べ、先生に診察してもらい、子宮口をグリグリ手で広げられて4cm開。


主人が到着し、ここからはアタクシの陣痛待ち。
アタクシ、ひたすら横になってテレビを見ながら陣痛を待つ。
主人も待つ。
2人で待つ。
ずっと待つ。
待つ。
待つ。
待つ。
待つ。


だけど、来な~い

来ても「イテテテテテ」程度で、すぐおさまるモノばかり。
あの、世にも恐ろしいホンモノの陣痛は全く来ない。

来ないと言うよりは、来てたけど消えたって感じ。
夜中は、何度もナースコールを押そうと思うような痛みがあったのに、朝になり
朝食を食べた頃から痛みが消えてしまった・・・

そして、昼食を食べ・・・・さらには夕食もがっつり食べ・・・・・
ひたすら待ち続けておりました
主人には一度帰ってもらい、ハッサクを寝かしつけてから(今夜から主人の実家での
暮らしスタート)出直してもらいました。

結果的に、主人は会社に行けたではないかー

そして22時を過ぎた頃から、ホンモノと思われる陣痛がおいでになったのです
痛みが来るとメモを取り、時計を見、呼吸を整えて痛みが去るのを待つ。
それの繰り返し。

痛みがおいでになってからは今思えば早かったです

1時間もしないうちに5分間隔になって、ナースコール

そのまま処刑台分娩台へ、レッツゴー

そして数回イキんで、少しお腹押されたかと思えば、お~めで~とさ~ん

大まかに言えばこんな感じ。たった3行。たった40分の出来事。

しかしこの3行の中には、小説1冊分ぐらいのドラマがあるのじゃ~。
ほんとにあるのじゃ~

とにかくアタクシは、出産後疲労困憊。
怖い怖い出産が終わった安堵感と緊張の糸が切れたのとで、血まみれのシエルを胸に置かれても
抱きしめることもできず、ただ涙が溢れる溢れる
グッタリし過ぎて、スタッフさんの問いかけにも答えられず、
「お母さん大丈夫?しっかりして。声も出ないの」と若干切れ気味に言われる始末。

心の中で「こっちはしんどいんじゃ~い!ちょっと待ったれや~」と言い返しておきました。

きれいに洗われてアタクシの横に連れて来られたシエル・・・
ハッサクにそっくりでした


怒涛の520、こんな日でありました。
ハイ、高齢育児のはじまりはじまり~

2011/07/06(水) 13:22 | コメント:0 | トラックバック:0 |
シエルを出産して、一ヶ月半になります。

毎日、しんどいですな~
おまけにこの暑さ。
暑いだけでイライラするのに、その上で新生児育児は修行のようです。

まだまだ毎日ドタバタしておりますが、ここらでシエル出産の事を綴っておこうと思います。
人間の記憶って、あっという間に薄れちゃうのでね


まずは5月19日に遡ります。
この日はお中元を申し込むためにデパートに行きました
特別な割引日だったもので、ものすごい人
駐車場も満車が予想されたため、随分手前の臨時駐車場を利用しました。
当然歩く距離も長くなりました


目的のお中元を申し込み、あとは何か良いものあれば買おうというスタンスでデパートをウロウロ
しかし、買い物下手なおたまきっちんはこれといってほしいものも見つからず、ハッサクの
保育園でのお昼寝用にと大判バスタオルを買ったのみ。
だってすっごい人で、ワゴンとか人だかりなんですもの~

あとは食料品フロアでお買い物。お菓子とか
食べ物なら、結構買えちゃうんですよね

という訳で、この日はものすご~く歩いたのでした
(コレが原因でお産が早まったのか・・・)


主人が帰宅して、デパートでの買い物の様子をざ~っと話し、2人で床に就きました。
いつものように、あっという間に主人のが聞こえ始めたその時(主人は驚くほど寝つきが早い!
会話の途中でいきなり寝ちゃうこともしばしば)、アタクシのオマタに異変が

オマタが「ぼわん」

音はしなかったですが、感覚的に「ぼわん」

んんん、ええええ、ナニ今の「ぼわん」は

え、コレが「破水」

即座にトイレに行くと、下着がビッショリ。
まぎれもなく「破水」です。

寝付いたばかりの主人を起こし、状況を説明。
病院に電話し向かうことになると、主人のお父さんに電話し、病院まで送ってもらうよう
お願い。
とりあえずハッサクと主人はおうちで待機。

アタクシは車の後ろで横になって搬送。
その間もオマタから羊水の出る感覚がひっきりなし。
正直、気持ちの良くない感覚ですわ
陣痛はまだ・・・・な感じ。

病院に到着すると、看護師さんがオマタチェック

「んー。破水やね。でも赤ちゃんの位置がまだまだ上だから産まれるのはお昼頃かな?でも破水
してるからこのまま入院ね。動かずベッドで寝ててね。もし陣痛来なかっても破水したから48時間
以内には取り出さないといけないからね~。遅くても日曜には産まれるわ~。」との事。

とりあえず主人に電話をし、説明。
主人には会社を休んでもらい、ハッサクを保育園に送ってから来てもらうことになりました。

いよいよか~ と思っていたこの時。
結果的にはまだまだなのでした~

To Be Continued

2011/07/05(火) 13:15 | コメント:0 | トラックバック:0 |
暑い
梅雨明け前にこの暑さとは、もうすでにバテ気味のおたまきっちんです
産まれたばかりのシエルを抱えてでは、我が家は節電にはあんまりご協力できそうにありません。
だけどできる事をしよう!!
ということで、消灯した昼間のお部屋でキーボードたたいております



最近のシエルは、泣くか、おっぱい飲むか、寝るかのどれかです。
シエルが特別ではなく、新生児はこんなものですね。

かれると、ほんとにテンション下がります

特に日が暮れてくると、なんだかいろんなことが怖くなってきます。
夜になってシエルに泣かれると、なぜだかイライラします。
昼間の明るい時に泣かれても、「ハイハイ、ちょと待ってね~」なんて余裕があるのですが
夜に泣かれると、「もー、なんで泣くの!!」とイライラしちゃうのです

夜はすごく心細く、孤独感が強くなります
夜が来るのが、とても怖いのです。


もっとしっかりしないと

日本に白夜があればいいのに~。

2011/07/03(日) 16:10 | コメント:0 | トラックバック:0 |
プロフィール

おたまきっちん

Author:おたまきっちん
産まれも育ちも大阪の根っからの関西人。
2006年(H18年)12月に結婚。
2009年(H21年)8月に長男;ハッサク(ブログネーム)を、2011年(H23年)5月に次男:シエル(ブログネーム)を出産。
現在は奈良県在住のOL&妻。
around40世代。
喜怒哀楽が激しく、なんでもやりたがりな性格で趣味多数。
時々ボランティアにも参加したりして。

CalendArchive
ブログ内検索
検索したいキーワードを入力して、「検索」をクリック!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。