上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
風邪を引いて少しダウン中の、おたまきっちんです。
授乳優先なので、お薬も飲まず少しツライ日々です。
そしてとうとうやってきました、花粉が・・・
花粉症なアタクシ、これからツライツライ春が始まるかと思うと・・・ツライ、ツラ過ぎる・・・

毎日ハッサクと二人っきり LOVE

仕事復帰までは、二十四時間四六時中、ハッサクとベッタリネッチョリ heart
正直うんざりする時もありますが、こんな期間は8月の仕事復帰まで 涙
仕事復帰すると、一緒に居れるのは朝晩と、土日のみ。
ハッサクの長い人生の中で、アタクシがこれだけベッタリ居れるのは本当に1歳までだけ。
そう考えると最近は、 1日1日がとっても貴重に思えてきました。
(とは言っても、毎日なんとなく過ぎていってるのですが・・・

以前に比べると、ハッサクに対して愛情も湧いてきました。
正直、ハッサクが産まれたばかりの頃は、初めての育児で何もかもが大変過ぎて
しんどくて、産後ウツっぽい症状もあって、かわいいとか愛しいとか思えなかった
のです。
ですが最近は、「愛しいな」としみじみ思えるようになりました。

良かった、アタクシにも母性があったんだ。

でもそのうち、あっという間に、にくたらしくなるんでしょうね。
保育所に行ったら、まずは汚い言葉から覚えるらしいですね。
「クソババ」と言われるのは、そう遠くはないんだろうな・・・

最近は夜中に2時間おきに起きられます
お腹が空いてる時間でもないのに起きられます
きっとアタクシが風邪を引いたのも寝不足からでしょう。
かなりアタクシの体力が消耗しています。
しかし、乳房にむさぼりつく我が子はなかなかイイもんです。
(その後グズらず寝てくれたら、とーってもうれしいんですがそうはいかないんですよね)
これからハッサクが動き出し這いずり回ると、また大変になるんでしょうね
でもそれも成長。

喜ばないと なんですよね

今回のおたまきっちん、かなり母親っぽくなくなくな~~い

スポンサーサイト

2010/02/24(水) 22:20 | コメント:0 | トラックバック:0 |
あ~、とうとうこの日がやってきました

離乳食、本日からスタートです
なるべく遅めにと思っていたのですが、5ヵ月半でのスタート。
まずまず標準的なスタートとなりました
とりあえず、10倍粥をひとさじ、嫌がらずに口に入れてくれて

これから、ベッチャベチャのグッチャグチャの、こぼしまくりーの離乳食ライフが
始まるのかと思うと憂鬱ですぅ。。。

2010/02/15(月) 11:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ハッサクの予防接種、んだのはBCGと三種混合の2回目。
3月には三種混合の3回目が控えています

先日三種混合の1回目の時に小児科を訪れた際、1つのリーフレットがあったので
手にしました
それは、「Hib髄膜炎って?」というリーフレット。
内容はもちろん、髄膜炎の事。
髄膜炎は、風邪と見分けがつきにくく乳幼児がかかると重症化しやすく、約5%が
死亡、約25%に後遺症(聴覚障害・発達遅延など)がみられるそうです

最近話題の、筆談ホステス「斉藤里恵」さんも、この髄膜炎で聴力を失ったそうです

この髄膜炎のワクチン、日本では2008年12月19日から予防接種が認可されたばかり。
月齢によって接種回数が1回~3回まであります。
ハッサクが今受ける場合は、3回。

任意接種なので、主人と相談した上で受けさすことにしたのですが・・・
なんと、予約殺到
今予約して、接種できるのは6月か7月

「認可されて間もないから」というのが理由らしいのですが・・・

ハッサクよ、それまで元気でいておくれ。

2010/02/10(水) 18:36 | コメント:2 | トラックバック:0 |
朔日餅(ついたちもち)ってご存知でしょうか

これは、かの有名な()三重県伊勢の名物「赤福餅」を販売している㈱赤福が、
毎月1日のみ販売している、ちょっと貴重な餅の事です。
詳しくは、 http://www.akafuku.co.jp/product/index.html

数量限定のためなかなか手に入らない(多分)のですが、おたまきっちん家はありがたい
ことに毎月、食べる事ができております。

なぜって
申し訳ゴジャリませんが、それだけは132(ヒ・ミ・ツー)でゴジャリます

で、2月の朔日餅は、「立春大吉餅」 



「立春」(2月4日)は、二十四節気の“元日”。
前日の“大晦日”には豆をまいて一年の邪気を打ちはらい、また新しい年を健康
(まめ)に過ごせるよう黒豆を食べるのが風習でした。これが「節分」です。
新年最初の朔日餅は「立春大吉餅」。
黒豆と打豆を使った、二種類の豆大福です。
一つは大粒の黒大豆と、こし餡を餅生地で包み、もう一つはこし餡と大豆を包んだ
餅生地にきな粉をまぶしました。

~㈱赤福HPより~


ふーん、「立春」ってこういう意味でしたか
アタクシ、恥ずかしながら知りませんでした。




包装紙も「伊勢千代紙」を使っています。
「伊勢千代紙」とは、朔日餅に同封されている紙の説明によりますと・・・

京の宮中や江戸の大奥ではじまった千代紙は、やがて伊勢型紙によって友禅や小紋の
うつくしい紋様を刷るまでに成熟しました。
月ごとの朔日餅を、伊勢の文化「伊勢千代紙」でつつみ、あなた様ご一家の千代の
ご繁栄をお祈りします。


とにもかくにも朔日餅は、毎月種類が違うのでアタクシは楽しみにしているのです
2月もおいしくいただきました

ちなみに、ハッサクのサクの漢字は、朔日餅の「朔」なんですな

機会がありましたら、一度ご賞味あれ

2010/02/02(火) 18:14 | コメント:0 | トラックバック:0 |
プロフィール

おたまきっちん

Author:おたまきっちん
産まれも育ちも大阪の根っからの関西人。
2006年(H18年)12月に結婚。
2009年(H21年)8月に長男;ハッサク(ブログネーム)を、2011年(H23年)5月に次男:シエル(ブログネーム)を出産。
現在は奈良県在住のOL&妻。
around40世代。
喜怒哀楽が激しく、なんでもやりたがりな性格で趣味多数。
時々ボランティアにも参加したりして。

CalendArchive
ブログ内検索
検索したいキーワードを入力して、「検索」をクリック!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。