上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

毎日バタバタでヘトヘトでクタクタなおたまきっちんですが、ようやく出産の事を綴る
準備ができましたので、自分のためにもブログに残しておくことにします。


8月30日(日)、深夜3時ごろから陣痛らしきものが・・・
時計で間隔を測ってみると、10数分おきに痛みが襲ってきていました。
でもまだ我慢できる感じ。

なるほどっ
これが痛みの例えでよく聞いていた、生○痛の重い感じってやつですか絵文字名を入力してください
幸いアタクシはほとんど生○痛を経験した事がないもので、これでもきつかった。
息を吸ったり吐いたりしながら、隣のスヤスヤ主人を起こさないようになんとか
朝を迎えました。
こりゃヤバイかも・・・と思いながら、布団から起きて軽く朝食を食べると、痛みは
少し楽になって間隔も長くなったような・・・
こりゃ産院に電話するのはまだ早いか、もうちょっと寝るか・・・と、スヤスヤ主人の
隣に戻って2度寝。

そしてお昼を食べても、まだ生○痛ぐらいの痛み。
漠然と、「まだだな・・・」と思って、主人と録画しておいた連ドラを見たりして過ごして
いると・・・ゆっくりと、しかし確実にやってきましたよ、ホンモノの陣痛が絵文字名を入力してください
15時頃からけっこう激しい痛みが・・・でもまだ間隔が長め・・・

ちなみに8月30日は日曜でした。
事前に、日曜の分娩だと時間外費用がかかるって聞いてたので、明日までもってくれ
たらな・・・なんて考えながら、さらには晩御飯どうしようか・・・なんて考えてましたっけにぱー

そしてだんだん強くなってくる陣痛。
まだ間隔は7・8分。
絶え切れず、産院に電話。
すると、あちらさんは慣れたモンなので、こちらの必死の訴えも右から左へ受け流され、

「初産婦さんよね~7・8分じゃまだやね~もうちょっと家で我慢してて~。
 5・6分になったらまた電話して~」
と・・・

まだ病院にすら行けないのですか絵文字名を入力してください
こんなに痛いのにうわー
とりあえず、入院バッグを準備して襲ってくる痛みに耐えながら小一時間ぐらい
辛抱したかな。
そして、自分なりに「もう限界きゅぅ」と思い、再び産院に電話。

アタクシ:「先ほど電話したおたまきっちんです。すいません、だいぶ間隔短くなって
       きて痛みも強くなってきたので、行ってもいいですか?」

産院:「じゃあ、入院グッズ持ってきてね~今日は日曜なので、そのまま2階に
    来てね~今からじゃ(17時半過ぎ)夕食でないので何か食べるものも
    持ってきて~」


ご飯ないのかー、と一瞬思ったアタクシってどんだけ食い意地張ってるんでしょうね。

陣痛と陣痛の間に、ヨタヨタと家を出て車まで移動。
家を出る時、しばらくこの家には戻ってこれないのか(退院後は主人の実家でお世話
になるので)・・・と思ったことを覚えています絵文字名を入力してください

日頃は、超スーパーウルトラペーパードライバーの主人の運転で、いざ産院へ。
前日には自分で運転して映画を見に行ったのに、今は後部座席に乗ってるだけ
なのに振動がツライさとと-汗
でも、主人がいる日曜でよかったのかも。

いよいよ産院に到着。
指示の通り、2階に上がると助産師がいらっしゃいました。
分娩台に上がって状況を見てもらうと、すでに子宮口が7cmまで開いていました。

看護師に「よくここまで我慢したね~」と褒められました。
そして、以前助産師外来を受けた時の助産師長が到着。
もう一度見てもらうと、「あら全開、お産だわニコ

そこからは、何がなんだかわからずに、言われるがまま。
はい、腰上げて。
はい、ここ握って。
はい、息吸って~吐いて~イキんで~


主人はアタクシの頭のあたりに居てくれましたが、主人と手を握るとかそんなテレビ
ドラマのようなことは全くなし絵文字名を入力してください
主人の声すら聞いてないような。そんなお産でした。

アタクシの記憶では、分娩台で時計を見た時が18時頃。
ちょうどNSTを着け始めた時だったような・・・。そして産まれたのが19時17分。
その後、2時間ほど分娩代で安静にして部屋に戻り、主人が買ってきてくれた
コンビニ絵文字名を入力してくださいと、今まで我慢に我慢をしていたハーゲンダッツのアイスクリーム
でささやかな祝いの食事をしたのでした ほっ

あとになって、お産の話を何人かの人に話す機会があったのですが、みんなが
みんな口をそろえて

「そりゃ超安産だわ」 と言われる始末。

あんなに痛かったのに ナミダ あんなに辛かったのに きゅぅ これでも超安産なんっすか …

アタクシは第二分娩室で出産したのですが、第一分娩室では朝の9時に入った人が
ずっととんでもない声をあげていて、お産が終わったのはアタクシがお産を終えて安静
にしている21時くらいでした。
おまけに吸引分娩で、機械の「ズボボボボボ」という音が聞こえてきて怖かった、
確か・・・

それに比べりゃ、確かに安産。

こんな、平成21年8月30日でした。
もうあれから約2ヶ月・・・・出産よりこの2ヶ月のほうが大変ですわ。

20091024100008







 陣痛の間隔を調べるために、陣痛が襲ってきた時間をメモした紙
 ミミズが這ったような字ですな・・・苦笑





スポンサーサイト

2009/10/25(日) 08:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
プロフィール

おたまきっちん

Author:おたまきっちん
産まれも育ちも大阪の根っからの関西人。
2006年(H18年)12月に結婚。
2009年(H21年)8月に長男;ハッサク(ブログネーム)を、2011年(H23年)5月に次男:シエル(ブログネーム)を出産。
現在は奈良県在住のOL&妻。
around40世代。
喜怒哀楽が激しく、なんでもやりたがりな性格で趣味多数。
時々ボランティアにも参加したりして。

CalendArchive
ブログ内検索
検索したいキーワードを入力して、「検索」をクリック!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。