上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
今日は主人と会社を休んでお出かけでした
会社を休んでまでのお出かけとは

それは、 「舞台鑑賞」です。
ホント、こんな時間の使い方ができるのは恵まれてるのでしょうね。
前々からDMで届いた先行販売で購入していた、作:三谷幸喜の舞台最新作、
「グッドナイトスリープタイト」を見てきました。
しかも千秋楽
劇場は、新しく出来たばかりの梅田にある「サンケイホールブリーゼ」で。
千秋楽のチケットが取れただけでもウキウキなのに、席も奇跡のような場所で、
前から3列目の真ん中。
チケットが届いた時から、席の位置はわかってたので、もう楽しみで楽しみで

周りの席の方達は、はどういうつながりかはわからないけど、なぜかみんな顔見知り。
「こんにちは」「お久しぶり」「○○さんは来てる?」などなど・・・

なんじゃ、このあたりの雰囲気は?
・・・アタクシら、場違い??

そんな奇跡の席での舞台鑑賞。
作:三谷幸喜、そしてキャストは中井貴一、戸田恵子の二人芝居。
見るまでは、どちらかと言えば中井貴一を見たくて行ったのですが、見終わった後は
戸田恵子を見れて良かったと思いました。
それぐらい戸田さんの演技力はすばらしかったです
(もちろん、中井さんもすばらしかったですよ)
二人芝居だったので、本当にキャストの実力がないとしらけてしまうと思うんですが、
そんなことは全くなく、良かった。
特に戸田さんのファンになっちゃいました。
俳優ってすごいですね。

そう、お二人の演技力はまったく問題なし。
問題があるとすれば・・・・三谷さんの本。
今まで、いくつかの三谷作品を見てきました。

 ドラマだと、「振り返れば奴がいる」「古畑任三郎」「新撰組」。
 舞台だと、「オケピ!」。
 舞台をテレビで見たのだと、「バッドニュースグッドタイミング」
 映画だと、「THE有頂天ホテル」 など

それらの作品と比べると、明らかに物足りなかった
本の中には、たくさんの”笑い”も盛り込まれていて、おもしろくないことはないんだけど、
でも、三谷さんでしょ?
三谷さんの本でコレなの?

特に、エンディングにもう一工夫ほしかったと思ったのは、主人も同じようでした。

でも、千秋楽なんで観客は一応2階席までスタンディングでの拍手喝采でした。

うーん、ちょっと残念!
期待し過ぎたかな
スポンサーサイト

2009/01/20(火) 22:22 | コメント:0 | トラックバック:0 |
職場に、尊敬できる良き先輩がいます。女性です。
社会人であり、妻であり、母である方です。

まだ同じ職場で働きだして、2年足らずという短いお付き合いではあるのですが、
本当にすばらしい方なんです。
今までは同じオフィス内で働いてはいたものの、顔だけしか知らない間柄だったの
ですが、2年前にアタクシの部署に先輩が人事異動で来られてから親しくさせて
もらっています
先輩は社内結婚で、アタクシと境遇が似ているので、何かとたよりにしてしまっています。
見た目はとっても美人で、メイクや洋服のセンスもお手本にしたいくらい
でも一言口を開くと、見た目とはとってもギャップがあって、 ”おもろい大阪人”なんです。

今日も、女性として社会人を続けて行く上でぶつかる大きな壁について、相談に乗って
いただきました
いろいろアタクシの中でくすぶっていたことが、少しクリアになって、やっぱり相談して
良かったな。と思えました。
さすが、社会人の先輩、そして人生の先輩。

これからも、何かに迷った時はこの方に相談したいな。

こんな先輩がいて、アタクシは恵まれています。
アタクシも、いつかは誰かにこんな風に思われるようになれたらステキですね

2009/01/19(月) 20:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |


ブログの表示がおかしいです。

アタクシは何にもしてないので、おそらくFC2側に原因があると思われます。

しばらくしたら元に戻ると信じて、待つことにします。

見にくいですね

しばしご辛抱ください。

2009/01/14(水) 21:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
会社であった出来事です。こんな時どうします

他社との会議がありました。
ある業務システムの改修の件で、メンバーはアタクシ達担当者3名と上司、アタクシの会社の
システム部4名、そしてメーカーさん3名。

会議は会議室で行われたのですが、会議室に行く前に”ひざ掛け”を持っていくかもの
すご~く悩みました
アタクシの会社の空調は、夏は熱くて、冬は寒くて最悪なんです。
自席では”カーディガンにひざ掛け”は必須アイテム。
最近はそれでも寒くて、黒タイツに黒ハイソックスという有様。
もう見た目なんてどうでもいいって感じです

そんな訳で、きっと会議室も寒いかもと思った次第なんです。
打ち合わせが始まってみると、思ったとおりに さ・む・い
男性はスーツだからそんなに寒くもないかもしれないけど、アタクシはめちゃんこ寒い~
うわ~やっぱり”ひざ掛け”持って来ればよかったよと大後悔

会議の内容なんか頭に入らないくらい寒くて、ずっと頭の中は”寒い寒い・・・”がグルグル。
体調も良くなかったのでいつのより余計に寒く感じちゃいました。
アタクシの会社のシステム部にもう一人女性がいたんですが、彼女は寒くなかったのかな?

そんなこんなで、打ち合わせが終了して上司がポツリとひと言・・・
「しかし寒かったな」
やはり、男性でも寒かったのか
アタクシ一人の感覚ではなかったのだー

さてさて、社内会議ではなく、他社との会議。会議室のセッティングは別の方。
こんな場合ビジネスマナーとして、”ひざ掛け”持参は、「OK」 or 「NG」?

アタクシとしては、たとえビジネスマナーで「NG」だとしても、寒くて会議の内容が把握
できないくらいなら、”ひざ掛け”くらいいいのでは?と言うのが本音ですがね。

あ~あ、ほんとにさぶかった~

2009/01/13(火) 22:24 | コメント:0 | トラックバック:0 |
はー、やっちゃいました
こんなにブログほったらかしにしてたのは、ブログはじめてからなかったように思います。
このブログにお越しいただく数少ない方々、ゴメりんこです。

年明け早々に、とんでもない事が起こってしまい(いつかまた詳しくお話したいと思います)、
アワワワ・・・としてる間に一週間が過ぎておりました。

これではいかん
アワワワ・・・していてもいかん。
アワワワしていても事態は変わらんっ。
それなら、少し遊ぼうってな訳で、今日は主人と大好きなアーティストのライブに
行ってきました。

Jusqu'a Grand-Pere(ジュスカ・グランペール)という男性二人組みのアーティストです。
この方達は、ギターとバイオリンのみの演奏で、ボーカルはなし。
アップテンポからバラードまで、幅広い音楽で楽しませてくれるのです。
まだまだ、アーティストとしては発展途上のグループですので、これからの活躍がとっても
楽しみなんです。
アルバムなども、まだレンタルショップではなかなか見当たらないので、ちゃんとお店で
購入しないと耳にする事ができないんですが、 「SKⅡのCMソング」になった曲も
あるんですよ。

今日はジュスカに癒されて、ニューアルバム買っちゃって、サインも頂いちゃいました。
また聞いて癒されよっと。
20090111234724



2009/01/11(日) 23:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
アタクシのお正月のかかせない行事として、 「箱根駅伝」がございます。
「箱根駅伝」とは、言わずと知れた「東京箱根間往復大学駅伝競争」のことでございます。
毎年1月2日、3日の二日間にわたって行われるもので、10時間を越える超長丁場の駅伝です。
これを見るのが、アタクシは大好きなんです
箱根駅伝がテレビ放映された当初から父が見ていて、小さい時からアタクシの家では
お正月に箱根駅伝を見るのは当然のことでした。
もう約20年にもなります。
大きくなってからは、アタクシはアタクシの部屋で、父は父の部屋でと別々ではありますが
やっぱり箱根駅伝を見ていたのです。

結婚してからもこの習慣は変わらず、お正月からアタクシがテレビを独占しております
(よくよく考えれば、お正月から10時間もテレビを見ることができるって事自体が恵まれて
ますよね。)
昨日、そして今日も朝7時からテレビにへばりついて見ておりました。
時々はコタツでうつらうつらしながらですが・・・

なぜ毎年、飽きもせず二日間にわたって10時間も見続けることができるのでしょうか
やはり、若き青年達が情熱をぶつけて、1年間これだけのために生活を節制して、きつい
練習を乗り越え、時には先輩から厳しい制裁も受け、親元を離れて必死でとりくんでいる
姿勢に胸が熱くなるんでしょうか。
もちろん、ありとあらゆるスポーツに取り組んでいる人たちにも共通することです。

今年も1年生のニューヒーローが何人か誕生いたしました。
毎年見ていると、「この子去年も出てた」という風に学生の成長を見ることが出来るんですよね。
彼らの来年の走りが今から楽しみなアタクシなのでした

ただ残念なのが、アタクシの周囲には箱根駅伝好きの方がほとんどいないので、この
気持ちを共感できないんですよねぇ・・・

だまされたと思って一度ご覧ください。なかなかいいものですよ


2009/01/03(土) 22:47 | コメント:2 | トラックバック:0 |
元旦、そして本日と、たくさんの年賀状をいただいております。
ありがたいことです

いただいた年賀状を見ていると、写真入りのものが増えましたよねー
一昔前は、スタンプや手書きイラストだったものが、今はほとんどがパソコンでの作成。
このアタクシでさえも、確かにパソコンで作成してますもんねー

数ある写真入り年賀状を見て思うことなんですが、とにかく子供がメインですよね。
まだ子供のいないアタクシにとっては年賀状をいただく人達の子供の写真よりも、いただく
人達本人の写真が見たいと思ってしまうのですが、これっておかしいでしょうか?
過去に一度でも会った事のある子供の写真なら、成長の過程がわかって楽しいのですが、
産まれてから一度も会ったことのない子供の写真を見ても・・・
たしかに子供の写真は本当にかわいらしいんですけど・・・

せめて家族写真にしてくれたら、「似てるなー」とかって感情も湧くんですが・・・
こんなことを思うのは、アタクシがまだ「親」になってないからなのでしょうか?
アタクシも「親」になったら、世間の皆様のように子供の写真をいっぱい貼り付けた
年賀状を作成したくなるものなんでしょうか?


そして、もう一つ強烈に思うことが
子供の名前が全く読めーん
最近の子供の名前って難しすぎませんか
アタクシの国語力が弱過ぎるってこともないと思うんですが、ほんとに子供の名前が
読めません。
名前って、読みやすさや書きやすさも大切だとアタクシは思うんですが、最近は本当に
個性的な名前が多くてびっくりしちゃいます。
アタクシの考え方ってもう古いんですね

でもこれじゃあ、学校の先生達は出席とるの大変だろうなー。



2009/01/02(金) 21:15 | コメント:0 | トラックバック:0 |
プロフィール

Author:おたまきっちん
産まれも育ちも大阪の根っからの関西人。
2006年(H18年)12月に結婚。
2009年(H21年)8月に長男;ハッサク(ブログネーム)を、2011年(H23年)5月に次男:シエル(ブログネーム)を出産。
現在は奈良県在住のOL&妻。
around40世代。
喜怒哀楽が激しく、なんでもやりたがりな性格で趣味多数。
時々ボランティアにも参加したりして。

CalendArchive
ブログ内検索
検索したいキーワードを入力して、「検索」をクリック!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。