上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
本日、無事ロンドンオリンピック開幕です。

思い出すこと4年前、この「おたまきっちんの地球生活」は北京オリンピック開幕の日に
スタートしたのです。
もう4年もこのブログが続いてるのか、地味~に。

リオまで続いてるかしら?
地味~でいいから続いてればいいのにな。
スポンサーサイト

2012/07/28(土) 21:30 | コメント:0 | トラックバック:0 |
今日は主人と会社を休んでお出かけでした
会社を休んでまでのお出かけとは

それは、 「舞台鑑賞」です。
ホント、こんな時間の使い方ができるのは恵まれてるのでしょうね。
前々からDMで届いた先行販売で購入していた、作:三谷幸喜の舞台最新作、
「グッドナイトスリープタイト」を見てきました。
しかも千秋楽
劇場は、新しく出来たばかりの梅田にある「サンケイホールブリーゼ」で。
千秋楽のチケットが取れただけでもウキウキなのに、席も奇跡のような場所で、
前から3列目の真ん中。
チケットが届いた時から、席の位置はわかってたので、もう楽しみで楽しみで

周りの席の方達は、はどういうつながりかはわからないけど、なぜかみんな顔見知り。
「こんにちは」「お久しぶり」「○○さんは来てる?」などなど・・・

なんじゃ、このあたりの雰囲気は?
・・・アタクシら、場違い??

そんな奇跡の席での舞台鑑賞。
作:三谷幸喜、そしてキャストは中井貴一、戸田恵子の二人芝居。
見るまでは、どちらかと言えば中井貴一を見たくて行ったのですが、見終わった後は
戸田恵子を見れて良かったと思いました。
それぐらい戸田さんの演技力はすばらしかったです
(もちろん、中井さんもすばらしかったですよ)
二人芝居だったので、本当にキャストの実力がないとしらけてしまうと思うんですが、
そんなことは全くなく、良かった。
特に戸田さんのファンになっちゃいました。
俳優ってすごいですね。

そう、お二人の演技力はまったく問題なし。
問題があるとすれば・・・・三谷さんの本。
今まで、いくつかの三谷作品を見てきました。

 ドラマだと、「振り返れば奴がいる」「古畑任三郎」「新撰組」。
 舞台だと、「オケピ!」。
 舞台をテレビで見たのだと、「バッドニュースグッドタイミング」
 映画だと、「THE有頂天ホテル」 など

それらの作品と比べると、明らかに物足りなかった
本の中には、たくさんの”笑い”も盛り込まれていて、おもしろくないことはないんだけど、
でも、三谷さんでしょ?
三谷さんの本でコレなの?

特に、エンディングにもう一工夫ほしかったと思ったのは、主人も同じようでした。

でも、千秋楽なんで観客は一応2階席までスタンディングでの拍手喝采でした。

うーん、ちょっと残念!
期待し過ぎたかな

2009/01/20(火) 22:22 | コメント:0 | トラックバック:0 |
はー、やっちゃいました
こんなにブログほったらかしにしてたのは、ブログはじめてからなかったように思います。
このブログにお越しいただく数少ない方々、ゴメりんこです。

年明け早々に、とんでもない事が起こってしまい(いつかまた詳しくお話したいと思います)、
アワワワ・・・としてる間に一週間が過ぎておりました。

これではいかん
アワワワ・・・していてもいかん。
アワワワしていても事態は変わらんっ。
それなら、少し遊ぼうってな訳で、今日は主人と大好きなアーティストのライブに
行ってきました。

Jusqu'a Grand-Pere(ジュスカ・グランペール)という男性二人組みのアーティストです。
この方達は、ギターとバイオリンのみの演奏で、ボーカルはなし。
アップテンポからバラードまで、幅広い音楽で楽しませてくれるのです。
まだまだ、アーティストとしては発展途上のグループですので、これからの活躍がとっても
楽しみなんです。
アルバムなども、まだレンタルショップではなかなか見当たらないので、ちゃんとお店で
購入しないと耳にする事ができないんですが、 「SKⅡのCMソング」になった曲も
あるんですよ。

今日はジュスカに癒されて、ニューアルバム買っちゃって、サインも頂いちゃいました。
また聞いて癒されよっと。
20090111234724



2009/01/11(日) 23:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
アタクシのお正月のかかせない行事として、 「箱根駅伝」がございます。
「箱根駅伝」とは、言わずと知れた「東京箱根間往復大学駅伝競争」のことでございます。
毎年1月2日、3日の二日間にわたって行われるもので、10時間を越える超長丁場の駅伝です。
これを見るのが、アタクシは大好きなんです
箱根駅伝がテレビ放映された当初から父が見ていて、小さい時からアタクシの家では
お正月に箱根駅伝を見るのは当然のことでした。
もう約20年にもなります。
大きくなってからは、アタクシはアタクシの部屋で、父は父の部屋でと別々ではありますが
やっぱり箱根駅伝を見ていたのです。

結婚してからもこの習慣は変わらず、お正月からアタクシがテレビを独占しております
(よくよく考えれば、お正月から10時間もテレビを見ることができるって事自体が恵まれて
ますよね。)
昨日、そして今日も朝7時からテレビにへばりついて見ておりました。
時々はコタツでうつらうつらしながらですが・・・

なぜ毎年、飽きもせず二日間にわたって10時間も見続けることができるのでしょうか
やはり、若き青年達が情熱をぶつけて、1年間これだけのために生活を節制して、きつい
練習を乗り越え、時には先輩から厳しい制裁も受け、親元を離れて必死でとりくんでいる
姿勢に胸が熱くなるんでしょうか。
もちろん、ありとあらゆるスポーツに取り組んでいる人たちにも共通することです。

今年も1年生のニューヒーローが何人か誕生いたしました。
毎年見ていると、「この子去年も出てた」という風に学生の成長を見ることが出来るんですよね。
彼らの来年の走りが今から楽しみなアタクシなのでした

ただ残念なのが、アタクシの周囲には箱根駅伝好きの方がほとんどいないので、この
気持ちを共感できないんですよねぇ・・・

だまされたと思って一度ご覧ください。なかなかいいものですよ


2009/01/03(土) 22:47 | コメント:2 | トラックバック:0 |

主人と映画に行ってきました179今、話題の「崖の上のポニョ」。
アタクシがジブリが好きなんです~。
前評判を聞いていると、「ハウルの動く城」「千と千尋の神隠し」「もののけ姫」
なんかと比べると、物足りなさを感じるということだったのですが、見終わって
言ってる意味がなんとなく解りました。
全体のテーマが、今までの作品のように複雑ではなく、単純明快でした。
大人の心で見るより、子供の頃の純粋な心に戻ってみてほしい作品でした。
主人は、「難しくないからこっちの方がいい~」と言っておりました。
8月始めに、東京三鷹の”ジブリの森美術館”に行ってきたのですが、ポニョを
見てから行った方がもっと楽しめたかなぁ・・・と思いました。
でも、「天空の城のラピュタ」のラピュタ人と写真撮って満足満足でした461


2008/08/23(土) 22:46 | コメント:0 | トラックバック:0 |
プロフィール

おたまきっちん

Author:おたまきっちん
産まれも育ちも大阪の根っからの関西人。
2006年(H18年)12月に結婚。
2009年(H21年)8月に長男;ハッサク(ブログネーム)を、2011年(H23年)5月に次男:シエル(ブログネーム)を出産。
現在は奈良県在住のOL&妻。
around40世代。
喜怒哀楽が激しく、なんでもやりたがりな性格で趣味多数。
時々ボランティアにも参加したりして。

CalendArchive
ブログ内検索
検索したいキーワードを入力して、「検索」をクリック!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。